メモ帳~本とお菓子といろいろ

福岡に住む主婦の備忘録です。

小1夏休み終了!初めて小学校の夏休みを終えた感想

夏休みが終わった。
長かったけど、意外にすんなり乗り切れたような気もする。

子供が小学生になって初めての夏休みで、親も初めてのことがいろいろあったので、忘れないうちに夏休みの感想を書いておくことにします。

夏休みの宿題

f:id:cchoco:20170901150530j:plain

幼稚園時代とのいちばんの違いが、夏休みの宿題があるということ。
いまどきは、読書感想文や自由研究などで親も大変…と聞いていたので、不安だったけど。

うちの小学校では、
プリント集、薄いドリル1冊、あさがお観察、絵日記2枚。あと、夏休み中に募集しているコンクールなどに1点以上応募すること、でした。
思ったより少なくてひと安心。

宿題の量に関しては、地域や小学校ごとにだいぶ違いがあるようで。以前住んでいた地域の友達は、同じ1年生でも、「自由研究も感想文もあって、めっちゃ大変ー」と嘆いていた。

ちょっとまとめてやれば10日ほどで終わりそうだったけど、習慣づけのためにも、毎日ちょっとずつやるように、最初にスケジュールを立てた。
宿題があることで、毎日のメリハリがついてよかったです。

過ごし方について

f:id:cchoco:20170901150602j:plain

幼稚園のときは、毎日何しようかずっと悩んでいたような気がするけど、今年は意外とスムーズに過ごせました。

起床→朝ごはん→宿題→自由時間→昼ごはん→自由時間
というのが基本の流れ。

どこか出かけるときは、近場なら午後から、ちょっと遠出するときは宿題が終わってから。毎日すごーく暑かったので、公園遊びはゼロ。図書館やショッピングセンター。一日家で過ごすことも多かったです。

夏休みといえば、昼ごはんが面倒ですが、これも手間かけず。うどん、カレー、チャーハン、冷やし中華…あたりをローテーションして乗り切りました。

生活リズムについて

ずっと休みだと、やっぱり日に日に寝るのが遅くなり、起きるのが遅くなっていました。私が完全夜型なので、夜にゆっくりしてしまうのが原因。寝かしつけまでの慌ただしい時間を、ついのんびり過ごしてしまうのがよくないとはわかってるんだけど…。

そのぶん朝もゆっくり寝てるので、睡眠時間は同じなんですが、よくない。ここはいちばんの反省点なので、次の長期休みのときはもうちょっと改善したいです。

帰省について

f:id:cchoco:20170901150712j:plain

夫の休みがお盆時期に取れることが少なく、幼稚園までは、混んでる時期を避けて9月に帰省することが多かった。今年は7月後半に帰りました。

自分の子供の頃も、夏休みといえばおばあちゃんちの田舎に行くって感じだったなー。

星がたくさん見える夜空、川遊び、花火、畑で野菜収穫…と、普段はなかなか経験できないことができて、子どもも楽しんでてよかったです。

正直帰省は面倒だと思うこともあるけど、うれしそうな子供の顔を見ると、来年も必ず帰ろうと思いました。

まとめ

幼稚園のときは、せっかくの休みなんだから有意義に過ごさないと!と思ってしまい、毎日何をしようか、お昼は何を食べようかとか、ずっと考えながら過ごしてたような気がします。自分の時間がなくてイライラしてしまうことも多かった。
今回は最初不安だった割には、意外にスムーズに終わった感じです。

とはいえ、毎日2人で過ごしているとストレスは溜まるので、やっとひとりの時間ができてうれしい。
新学期1日目終えて帰ってきての子どものひとことが、「やっぱり学校あるほうがいい!」でした。わたしだけでなく、子供のほうも、いろいろストレスたまってたのかなーと思います。

2学期もいろいろ忙しそうですが、夏休みにはなかなかできなかった、本読んだりブログ書いたりを楽しみたいです。