メモ帳~本とお菓子といろいろ

福岡に住む主婦の備忘録です。

電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を5年ぶりに買い換えました

5年ほど使っていたKindle Paperwhiteを、ニューモデルに買い換えました。

f:id:cchoco:20170906121202j:plain

紙の本と電子書籍

紙の本と電子書籍、両方読みますが、その割合は8:2くらいで、圧倒的に紙の本のほうが多いです。どちらが好きかといえば、やっぱり自分でページをめくって読むほうが好き。

それでも、電子書籍リーダーは私にとってなくてはならないものです。

・注文したらすぐに読める
・たくさん持ち運べる
・暗いところでも読める
・ハイライト機能が便利
・文字の大きさが変えられる

紙の本にはないこれらのメリットは、本当に便利だなーと感じています。

買い換えた理由

2012年に発売されたときにすぐ飛びついて買ってから、今まで何の支障もなく使ってきたんですが、前回のプライムセールで7300円引きという大きな割引をやっていたので、買い換えることにしました。

思えば、動作がもっさりしているのが、気にはなっていたけど、こんなものかなーとも思いつつ。ペーパーホワイトより、サクッと動くスマホのkindleアプリで読むことも増えてきていたので、そろそろ新しいのほしいなーとも思っていました。

旧モデル、新モデルの違い

セール中で品薄のようで、注文してから到着まで3週間ほどかかりました。
電源を入れて、言語で日本語を選び、Wi-Fiを設定するだけですぐに使えます。

f:id:cchoco:20170906121226j:plain

購入したAmazonアカウントにひもづけされているので、何も手間なく同期されます。

左が旧、右がニューモデルです。大きさも厚みもほとんど同じ。

f:id:cchoco:20170906121125j:plain

両方ともWi-Fiモデルで、重さが213gから205gと、若干軽くなりました。わずか8gですが、それでも持ち比べてみるとわかります。

Wi-Fiのみと、3G回線が使えるタイプもあり、私は外出先でダウンロードしたり購入したりすることはほぼないので、Wi-Fiのみのほうにしました。

さらに、キャンペーン情報付きと、なしが選べます。キャンペーン情報付きだと、広告が入るかわりに2000円安くなっています。
迷ったのですが、開くたびに広告をスワイプする、というひと手間がずっとかかると思うと…。普段スマホのアプリの広告とかも消すの面倒って思うので、広告なしのほうにしました

約1カ月使ってみた感想

初代モデルを使っていて感じていた動作のもっさり感は、だいぶ解消されています。ページめくりのスピードが速くなって快適。

画面もよりクリアで見やすくなりました。文字だけだとあまりわかりませんが、マンガなどの絵だとやはり違います。

まとめ

届いてからの1カ月は、使うのが楽しくて読書量が増えました。今後も紙の本、電子書籍、どちらもうまく使い分けて楽しみたいと思います。