メモ帳~本とお菓子といろいろ

福岡に住む主婦の備忘録です。

絵本ミュージアム2017@福岡アジア美術館(後編)

夏休みの記録。
昨日書いたこちらの続きです。
www.fuku2note.com

アジアギャラリーで鑑賞

絵本ミュージアムをひと通り見終わったあとは、ミュージアムスペースの隣にあるアジアギャラリーに入って絵画鑑賞です。
美術はまったくわかりませんが、間近で見るのはやはり迫力があります。自分の背たけ以上もある大きい絵など、なかなか観ることがないので、子どももびっくりしてました。

でもやっぱり、子ども連れで見るのはまだちょっと気が張ります。楽し気に興味津々で近づいてみているので、どきどき見張りながら、進んでいきました。

途中からは、子供向けの企画「虫めがねで見てみよう!-ちっちゃいもん、こまかいもん」が始まります。
絵のすごく小さく描かれている部分や、細かい模様部分を、虫眼鏡片手に楽しみます。

f:id:cchoco:20170910173343j:plain


絵だけでなく、立体作品もあります。こちらは、高さ3センチの筒のようなものがずーっと続いている中に、小さな人たちの暮らしや営みが表現されているという作品。

f:id:cchoco:20170910173403j:plain


これがすごく楽しかったようで、多くの子どもたちが集中してみていってました。

f:id:cchoco:20170910173414j:plain

ワークショップで紙製バッグ作り

そのあとは、当日受付のワークショップに参加しました。
料金は500円。

まず最初に段ボール製の箱を組み立て…

f:id:cchoco:20170910173459j:plain


好きな色紙を切って、ペタペタ貼って箱を飾りつけます。

f:id:cchoco:20170910173532j:plain


あっさりと20分ほどで完成。

f:id:cchoco:20170910173546j:plain

箱の組み立て方を教えてもらう以外は、自分で自由に作るので、時間制限などもありません。なので、すごーく凝ったデザインで作っている子たちもいました。
気軽に参加できたのでよかったです。

箱は持って帰って、おもちゃ入れになってます。

まとめ

「絵本」ということで、乳幼児~幼稚園くらいの子の割合が高かったような感じでしたが、絵本、本好きな小学生中学年くらいまでの子なら楽しめます。
親にとっては、涼しい室内のイベントは助かるので、来年もまた行きたいなと思いました。


福岡アジア美術館