メモ帳~本とお菓子といろいろ

福岡に住む主婦の備忘録です。

『オトナ女子のための食べ方図鑑 - 食事10割で体脂肪を燃やす』を読みました。

f:id:cchoco:20170920234119j:plain

インパクトあるイラストにまず目がいってしまいますが、代謝アップする食べ方のコツや、間違ったダイエットの知識についてわかりやすく書かれた人気本です。

『オトナ女子のための食べ方図鑑 - 食事10割で体脂肪を燃やす』

わたしもここ数年は、ほとんど何かしらダイエットしてるか、「ダイエットしなくちゃ…」と思ってるのかのどちらかです。
でも、あまりに情報があふれすぎていて、どれが正しいのかなんてもうわからない。

きっとどれもだいたい正しいんだろうけど、オモテに出てくる情報は極端なものも多く、結局は自分がどれを選択するのかと、実際にやってみる、というところが大切なんだと思います。

この本も、話半分聞いておこう…くらいの気持ちで読みました。そのなかで、ちょっと覚えておこうと思ったことをメモしておきます。

タンパク質が足りない

ダイエットというと、炭水化物(糖質)減らして野菜いっぱい食べようってことを意識するんですが、それよりも大事なのはタンパク質をしっかり摂ること。

頭ではわかっていても、つい、野菜をもっと食べなくちゃ…となって、サラダでお腹がふくれて、結局メインのおかずは少なめになる、ということがあります(白ご飯はちゃんと食べてる)。

なのでもっと意識して、お肉、魚を食べるようにしたい。

ダイエットだけでなく、肌、髪の毛にもタンパク質が不可欠。年齢的に、ダイエットより、肌、髪の毛の健康のほうがより大切のような気がするので、「肌と髪の毛にはタンパク質」と意識しよう。

菓子パンをひかえる

「顔デカ女子はパンがお好き」という項目があり、パン大好きのわたしは思わず本を閉じたくなりました…。

昔はどちらかといえば好きじゃなかったのに、妊娠を機になぜかパンが大好きになり、そのまま現在まできています。太ってしまった原因の半分くらいはパンにあると思っています。

ただ太りやすいというだけでなく、パンなどに含まれる糖質は、体内で水分と結びついてむくみの原因にもなるんだそう。
むくみもすごく実感しているので、まずはパン屋に行く回数を減らしたいと思います。

数値より見た目

年齢とともに、太る場所が変わってきました。
おまけに、同じ体重でも、若いときとは見た目が全然違います。体型が変わってしまう。

なので、あと〇キロやせる!を目指すのでなく、自分で見て触ってチェックすることが大切。

本書によると、二の腕、背中、腰回り、下腹、内もも、この5カ所をつまんで、変化を確認するのがいいとのこと。

まとめ

イラストや表も多く、1ページずつまとまっていてさらっと読めます。
何を信じて何を実践するかは自分次第。もう無茶なダイエットはできない年齢なので、コツコツと食生活を改善していきたいと思いました。